飼い犬にも葬儀があります

人間も犬も命があるので、それには必ず終わりがきます。
人間の場合は、通夜や葬儀で、遺体を火葬し、その後土葬します。
地域によって、それらの方式に違いはありますが、最終的にはお墓に埋葬されるのは同じです。
人間と同様、犬にも葬儀があります。
犬の葬儀は、人間と同じように行う事はありませんが、犬も火葬で葬儀を行う事が出来ます。

犬は、ペットとして飼われており、死別した際には、地方自治体が管轄している火葬場で火葬出来るようになっています。
その際、有料で料金が掛かります。
その料金はその場所によって違うので、地方自治体に聞いてみましょう。
この場合、飼い犬の遺体は、焼却出来るごみとして扱われるのでご了承ください。

犬も家族と同様という考え方で飼われていた場合、有料ごみとして扱われるのはとても悲しい事であり、そういった方のために、犬の葬儀を行う業者もあります。
また、飼い犬の葬儀では、各地域によってかなりの違いがあるので、その地域の火葬業者に相談する事になりますが、葬儀には種類と、地域の特徴があるので、確認しておきましょう。

業者によっては、葬儀を合同で行う場合と、個別で行う場合があり、それぞれで料金も異なります。
この様に、飼い犬の葬儀は人間と同様に火葬と土葬を行う事が出来るようになっており、業者によっても料金が異なります。
ここでは、犬の葬儀の種類や地域によっての特徴を説明します。
家族同様で共同生活を送っていた愛犬を見送るにはとても良い方法です。

Copyright © 2014 飼い犬の葬儀 All Rights Reserved.